二兎を追うものだけが二兎を獲る

最終更新: 7月30日

月末になるとブログを書き出す 悪しき習慣ww


今日は


「二兎を追うものだけが二兎を獲る」


のお話



もう何度も話してきたので割愛するけど

25歳くらいかなぁ

音楽とデザインの両方で活動してた時に

どっちもの仲間から文句を言われたりして悩んでたら

電車の中吊りでこのコピーを見つけた。


この言葉との出会いで

俺の人生の指針が決まったと言っても過言じゃない。

良いにつけ悪いにつけだけどww

俺は20歳代の中盤、

仕事でグラフィックデザイナーをやりながら

ミュージシャンとしてメジャーデビューを目指してたのね。

メジャーデビューしたくてしたくてたまらなかった。


で、コンテストで賞を獲得したりしつつ

夢のメジャーデビューを果たした。

めちゃめちゃ嬉しかったよ。

有頂天ww



でもね

だからと言ってデザイナーを辞めたいかと言うと

そうじゃない。

デザインも続けたいんだよね。

だって音楽作ったり表現したりするのと同じくらい デザインで何かを表現することが大好きだから。 音楽よりも先に美術系でプロになってるのに

それを辞めちゃうってそんな残念なことないっしょ?


だからメジャーデビューしてた時も

デザインの仕事しつつ自分のCDジャケットのデザインや フライヤーのデザインも続けてた。



それと同じで



メジャーレーベルとの契約が切れたからと言って

せっかく音楽で飯食ってく道ができたのに それを辞めちゃうのも残念過ぎるでしょ? なので作家になったりソロで活動したりを続けたんだよね。


でね

ありがたいことに

いろんな人にチャンスをいただいて

活動の幅もどんどん広がった。 映像制作とかイベント演出とか キャスティングとか。

とにかく色んなことをやってきたので

色んなことができる人になってた。



だから今



俺の毎日「飽きた」と言う感覚がないの。 今日はミュージシャン

今日はディレクター

今日はデザイナー

今日はイラストレーター

今日はイベンター


いや日毎じゃないな

時間毎に変わる。


だから「飽きる」ことがない。



最近はナレーターデビューも果たしたし 俺、スーパーマンじゃねー!!

そんな風に思ったさ

いやずっと思ってたww



思ったけどもぉ



世の中そんなに甘くなくて

思うように行かないことなんて日常茶飯事。



に〜ち

じょうぉう

さーはんじぃ


って誰か歌ってたなww とにかく

そんなモヤモヤ感を抱きつつ

ある時女子友と飲んでて

こんな愚痴を吐いた




俺は

歌もそこそこ歌えるし

ギターもそこそこ弾ける

そこそこ面白いことも言えるし

綴れるさ ブログだってまーまー面白い

曲の作品だってそこそこ良いぜ

おまけに

デザインだって映像だって

そこそこ作れる イラストもまーまー可愛く書けるし

イベントだって演出できちゃうぜ!

なのになんで

こんなに人気がないんだー!!

何故なんだーー!!!!

女子友言ったね 実に気持ちよく言い切ったよ






全部そこそこだからじゃない?

ですよねー



4件のコメント

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.