貧乏ブルース

1994年9月に発売された

桑田佳祐の2枚目のソロアルバム『孤独の太陽』


棺桶まで持っていきたい愛聴盤は

俺のソロがアコースティック系になった

きっかけの作品です。




貧乏ブルース

桑田佳祐

作詞・作曲:桑田佳祐


TOKIOの街行く若さの主張は隣に習えの全体社会

それは見事な涙ながらの巷の流行にゃ苔がむす

刺激という名の手堅い世界

誰もがおんなじ貧乏ブルース


生まれてこのかた強きを助けて 弱きをくじいた権力社会

他人が見てなきゃ異形たるもの 多勢に無勢でゴミかクズ

"国際的"とは鎖国の世界 

お金で国買う貧乏ブルース


人は世につれ街につれ

無能な生命体

誰かに操られ

何かに縛られて

1 2 3 流れてく

そうだろ!?


ドル箱映画も不倫のドラマも演る役者変わらぬ芸能社会

小銭目当てで脱ぎたがる奴売り上げ本意で生きる奴

アートが理屈を越えない世界

文化じゃ食えない貧乏ブルース


酒は涙かドラッグか?

眠れぬ大都会

誰かに操られ

何かに縛られて

1 2 3 明日も行く


真面目に働きまともに収めりゃ手元に残らぬ自由主義社会

政治マフィアとやくざ坊主の 脱税や免税にゃ腹が立つ

闇にて潤う共産世界

稼げど家なき貧乏ブルース






全てのメッセージが細部までたまらなく心地良いのです。

勢いのあるサウンドだけど すごく丁寧に言葉を選んでいる。



ドル箱映画も不倫のドラマも演る役者変わらぬ芸能社会

小銭目当てで脱ぎたがる奴売り上げ本意で生きる奴

アートが理屈を越えない世界

文化じゃ食えない貧乏ブルース

特にこの12小節に込められたメッセージは

武者震いするほどの共感。


幼少期、少年期が歪んでた俺なので ジョンレノンや桑田佳祐の表現する

アイロニックな刺々しい知的な作品に

共感するんだと思います。


ちなみにこの曲のベースは

俺のソロバンドでおなじみの根岸孝旨です。



3件のコメント

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.