その9「ストーマ」


退院後「ユーエフティー+ホリナート療法」と言う「術後補助化学療法」に突入。

飲み薬のユーエフティーとホリナート「タイホウ」を一緒に服用することで

手術後の再発を予防。

1日3回、約8時間ごとに服用。これを半年続けます。

その間、CTやレントゲン、血液検査を定期的に受けます。

半年続けるということは7月末まで服用することになり

当初は「4月にストーマを戻す」という予定だったので

3〜4ヶ月先に延びたという感覚でとてもがっかりしたです。

一生ストーマ(人工肛門)を着けて生活してる方も沢山いらっしゃるので

言いづらかったりもするのですが、ストーマとの付き合いは慣れるまで本当に大変。 ストーマの管理や装具の交換が上手くできないと落ち込みます。 たとえば、上手く装具を貼れないと、皮膚のしわのあたりから便が漏れることもあるのね。 外出時に漏れると本当に落ち込むんだよね。

なので俺は外出時も常に何かあったら交換できるように「替えのストーマ装具」や交換に必要な道具を常に持ち歩いてた。

交換する時や破棄する時は「多目的トイレ」を利用。

見た目が健常者なので「多目的トイレ」の出入りは気を使ったです。

「和式トイレ」は便を廃棄するのがとても苦労するのね。

定食屋さんとかでトイレ「和式」だとこれまた落ち込む。

なので健康になった今も「和式トイレ」を見ると

ストーマつけてる人のこと想像しちゃって胸が苦しくなる。

俺は割とピタッとした服を着るのが好きなんだけど

ストーマあると着れないのね。

だから基本ダボっとしたパーカーを着てた。

早くピタT着たいなぁ、って思ってたな。

そういったストレスと向き合いながらの半年は

すっごーーーーーーーーく長かったです。

ただ

落ち込むことは沢山あったけど

彼女の支えや友達、仲間の支えによって

またストーマとの付き合い方も慣れてきて乗り切ることが出来た。

振り返ると、割と楽しく過ごしたのかも。

手術から17日後には野球やってたしねww

猛獣ジャンガポッポのメンバーもめっちゃ優しかったしww

焼肉奢ってくれたしww

月イチリハやりたい!って言ったらやってくれたし

お酒も飲めたし、好きなのも食べれたし(^。^)

そしてついに

2018年8月1日

癌の再発もなくユーエフティーとホリナート療法が終了。

ストーマをもとに戻す手術日が決まりました。 「早く普通の体に戻りたい」「ストーマ戻したい!」ってすごく思っていたのに

いざ手術日が決まるとなんだかお腹の上に乗ってるストーマがだんだん愛おしくなってきてww

こいつも俺の命を救ってくれたわけだしね。

このお腹に乗ってる腸はお役御免で切除されて破棄されるの。

最後の入院前、お風呂で「ご苦労様」「命を守ってくれてありがとう」

って言いながらストーマ洗ってたら泣けてきた。

こうして、俺の「ストーマ(人工肛門)」を付けた約1年の生活が

もうすぐ終わろうとしていました。

つづく

#人工肛門 #大腸癌 #ストーマ

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.