innovation

音楽

ファッション

飲食

場所



新しいものに無頓着で

開拓心もない時期が長く続いていた。


年齢を重ねると経験値でなんとかこなせるし

好きだった過去の産物に対して執着する。

特に音楽に対してその傾向は顕著に現れた。


時代は巡ると信じ

過去の作品を焼き直してばかりいた俺は 2000年代に発表された音楽に無関心だった。


APPLE MUSICのサブスクリプションサービスに登録したのも プリンスの作品が解放されたのがきっかけだった。




でもね

そうすっとやっぱ クリエーターとして死んでくんだよね

パフォーマーとしても然り。



2000年代の音楽はつまらない。

そう思ってる同世代の音楽家は多い。


でも実際つまらないのはそう言ってる俺たち。

2000年代はもちろん

今も素晴らしい音楽は沢山生み出されている。



聴き逃した作品に手を伸ばそう


そう思った俺はロストした2000年代の音楽と

リアルタイムで誕生している音楽を好んで聴くようになった。

知らなかったことを後悔するような

胸にガンガン響く作品が沢山あった。


昨年の年末に

Jeff Lynne's ELO の When I Was a Boy に出会った時

ふと思ったんです。




こんなに長く音楽やってるのに

まだ素晴らしい作品に出会う。 俺の知らない秀逸な作品はまだまだあるんだ。




そう思ったらなんだか

めちゃめちゃ嬉しくなった。



知らないことは恥じではない。

知ろうとしないことが恥なのだ。



恋愛も同じ。 知らないから知りたいし

知りたいから会いたい。




音楽

ファッション

飲食

場所


2020年

俺、徹底的に「新しい」にこだわります。

俺の知らないは沢山あって

それらは全て新しい発見。


そしてみんなの知らない「新しい」を沢山クリエイトして

イノベーションを起こすのさ!



楽しいを

懸命に

丁寧に

ちょっと賢くww



2020年も尾上一平並びに

STUDIO MANOMANAをよろしくお願いします(^。^)


2020年1月2日

iPPEi ONOE



2件のコメント

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.