私の世紀末カルテ

ラスト4!

なんか終わるのがちょっと寂しくなってきたww


私の世紀末カルテ サザンオールスターズ 作詞 桑田佳祐 作曲 桑田佳祐 家に帰るとテレビが無くては生きて行けません 嘘でもいいから刺激が無くては死んでしまいます こんな時代に手紙を書くのが好きになりました 他人に己れをさらけ出すのが怖くてなりません 闘う事や傷つく事は拒むけど 野暮な慰めにゃホロホロリ 胸いっぱい時代の風を吸い込む頃がある こんなに汚れた都会の空気を有難がっていた いくつになっても未熟な自分を愛しく思ってる そんな大人が幼い我が子に道を説いている 誰かにもらった自由を疑う事はなく 知らず知らずうちホロホロリ 可愛い女にゃ優しく振る舞う自分に気付いてる 気前の良さと気さくなジョークでその場を和ませる 今夜ベッドに連れ込む相手に狙いを定めても 下心を悟られないかと気にして飲んでいる 綺麗な女愉快な男人は皆 春と裏腹にホロホロリ 人間同士も深入りするとロクな事はない 下手に誤解や裏切りなんぞを被る筋はない 人の絆は付かず離れず希薄な方がいい その他大勢の群れに紛れて幸福掴みたい 歩みの遅い者を尻目に駆け抜けりゃ 友は泣き笑いホロホロリ 浮気をするならバレなきゃいいわと笑って妻は言う このごろ帰りが遅くなったと気遣う振りをする 満員電車のビショ濡れ窓から我が家の屋根を見て 今夜のために昨夜と違った言い訳さがしてる 誰も知らない居場所が欲しいそれなのに 愛をブラ下げてホロホロリ 情に流せば弱気な態度と傍からなじられて 腹から怒鳴ると変わり者だと嗚呼 避けられる 頭を下げればその場はなんとか凌げるが 見て見ぬ振りすりゃ自分が何だか惨めになってくる 他人の視線と自分の評価にうろたえりゃ 春は柳さえユラユラリ 母さんあなたが歌ってくれた小唄が懐しい この世に生まれこの世で見たのは時代の流れだけ 未来世紀も人間の心はうつろい易いだろう こんなアジアの片隅なんかにしがみつきながら もう背伸びをしようなんて言わないが せめて泣かせてよホロホロリ 夢を捨てられずホロホロリ







俺はとても不器用だと思っています。

生き方も不器用。 でも

器用に生きる、ずる賢い人や

器用に生きる、人を蹴落とす人や

器用に生きる、人を騙しながら生きる人より

ずっとずっと誇らしいと思っています。



都合の悪さを正当化しても ただただ虚しい。


醜い自分と対峙する勇気を持たないと

同じ過ちを繰り返します。



2度あることは3度ある

となぜ言うかわかりますか?



1度あることは2度ある

となぜ言わないかわかりますか?

学習能力の高い人は

1度の過ちで学ぶから2度目がない。

過ちを2度繰り返す人は

学習能力がないから3度目があるだろう

と言うことですよね。

そんなことを気づかせてくれる

とても痛い歌です。


こんな痛い歌を作ってくれた

桑田佳祐に敬意を表します。




これからもこの歌詞とは真逆の生き方を

心がけようと思います。 不器用に

不器用に

不器用に

p.s.

テレビ無くても

生きていけますww

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.