ノルマ飯

まず新しいBLOGへの沢山のコメントありがとう!

心底嬉しかった。


何度も綴ってるけど

FACEBOOKやTWITTER、INSTAGRAMは自分で投稿できるので


イイネついたかな〜 とか

シェアされたかな〜 とか


割とチェックするでしょ?

で、その流れでフォローしてくれてる人の

記事見たりするよね。


でもブログはわざわざ見に行かないとだから

敷居が高いというか

めんどいというか

宣伝媒体にも向いてないし。


にも関わらず2005年の4月から14年

ブログを続けている理由は

インナー向けだからこその魅力があるから。



俺の綴る言葉群を

わざわざ見に来てくれる。



そこにすごく意味があって

おまけにわざわざコメント書いてくれるって

もう神ですww


このすごくインナーな俺たちだけの場所って

半径1m以内にある。




半径1m以内の生き方はもうやめる。




ってTWITTERに綴った意味は

自分を中心に、近くにいる家族や友達、仲間、ファンのみんな

自分の手が届く範囲内で起こった事象に対してだけ

一喜一憂するような生き方じゃなく

もっと地域や社会、世界にまで目を向けて

現在だけに留まらず

未来を想像し

地域や社会、世界に少しでも貢献できるように生きていこう

ってことなのね。


視野を広げることによって

半径1メートル以内での出来事や人間関係が

より一層大切になってくるんじゃないかなって。



「Sweet on iPPEi ONOE 」ってFACEBOOKページさ

俺を応援しよう!って立ち上げてくれたのに

そこにちゃんと愛を注げてないな、って思った。

何様だよ、俺、的な。 それで「大阪生歌ライブ」を「Sweet on iPPEi ONOE」ありきで展開してみた。 何なら「Sweet on iPPEi ONOE」先行発売とかもありかも、って思ってる。



地域や社会、未来の世界に貢献していけるような視野の広い生き方をしながら

コアの部分をより大切にする。


自分のメリットや利権

仕事に繋がりそうなこととかじゃなく

地域、社会や世界、未来に視座視点を置き

俺の音楽を愛してくれる人たちに

もっともっと意味のある生き方をしよう!

って思った。




元SDN48のメンバーで現在はフリーライターの大木亜希子さんが

男とご飯に行くことを「ノルマ飯」と言った。

そのルーティーンを、ただ繰り返し

結果彼女が行き着いたのは虚無だった、とNoteに綴っている。



久々に面白いnoteを読んだ。



大切なのは誰かの価値観に依存せず

自分の楽しいを信じて

懸命に丁寧に

誰かのために生きることかなと思った。





それは俺の得意技だ。





自分だけのために生きるなんて

本当につまらない。


https://note.com/a_chan/n/n583d996d4fe1


7件のコメント

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.