大好きな先輩の祝宴

蓑輪さんと俺との年齢差は2歳。

しかしながらメジャーデビューは大先輩だ。


ロックンロールが大好きだった俺は

ハウンドドックのサウンドにスコーンとハメられた(笑)


だから大好き

だから大好き

ロックンロール ♪


日比谷野音のライブ盤は

めちゃめちゃ聞いたしな。




1985年、親父が社長だった会社が倒産。

心身共にキツかった頃

ハウンドドックの「ff (フォルティシモ)」がラジオから流れて来た。

冒頭のシンセフレーズが俺の琴線に触れて

立ち上がる勇気と機会をもたらしてくれた。



作曲は蓑輪単志

冒頭のシンセアレンジも蓑輪単志



数年を経て一緒にBANDをやることに。

驚きである。



BANDで音を重ねるにつれ

あぁ、この人、俺の本質をちゃんと見てくれてるなぁ

って思った。



背伸びしたカッコいい上っ面より

俺の芋っぽさと言うか

ダサい本質を認めてくれた。


あぁ、またこの人に勇気もらったな

って思った。



◽️



そんなカッコいい先輩が

60歳を迎えた。


人生本当にお疲れさま

これからはゆっくりと余生を

楽しんでください。


60歳ってそんな価値観が蔓延る時代か??

そんなかったるい年齢か??


還暦は60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから

元の暦に戻るという意味でこのように呼ばれているんだぜ。

産着に赤色が使われてるのは生誕時に還るという意味。


60歳なんて青年だよ。

まさに新たにスタート切るぜ!って分岐だ。



◽️



そんな再出発にふさわしい

カッコいい先輩にふさわしい

蓑輪さんを祝福しようと集まった人たちが作り上げた

愛に溢れる記念公演だった。



自慢の先輩だ。



俺もそんなふうに年齢を重ねたいな、って

ちょい欠けた月を見ながら心が震えたよ。



蓑さん



また俺の書いた歌に

寄り添うピアノをお願いします。



そして



みのさんの新しい旋律に

言葉を載せて

歌わせてください。




その日を

心待ちにしていますね ^_^





1件のコメント

Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.