月光

俺が認識している

日本の最高の詩人は

斉藤和義

忌野清志郎

中島みゆき この3人でこのシリーズを

全部埋めることができるくらいの

素晴らしい詩人だと思う。 今日はスナフキン

斉藤和義を紹介するよ。




月光 斉藤和義

作曲作詞:斉藤和義


オレはこんなもんじゃないだって こんなハズじゃないんだって

信じておくれよ

わかってないアイツらが センスのないアイツらがバカなだけなのさ

だからどうか

あともう一杯だけ


キースリチャーズは言った 「ロックはあるけどロールはどうしたんだ?」

ジョーストラマーは言った 「月に手を伸ばせ たとえ届かなくても」

だから行くなよ

後悔しても知らないぜ


月も見えない夜に

何処かで犬が吠えてる 「サヨナラ」って聞こえたよ それともしぼむ夢の音?


愛しているよと言えなくて

ひとり歌を唄う あなたとともに唄えたなら

とてもうれしい



オレはオレになりたいだけなんだ ただそれだけなんだ

誰だってそうだろ? ロックンロールに教わった事は 「人と違っても自分らしくあれ!」ってことさ

そして「愛と平和」

そいつの意味を探している


あっちの席でオッサンは言ったよ 「オレは百人の女と寝たぜ」

こっちの席じゃ若者が 「男の価値はなにで決まるのかな?」

そしたらとなりの女が 「そんなの“家族”に決まってるでしょう!」


月も見えない夜に

何かが光りだした 気のせいなんかじゃない

確かに胸の奥の方


愛されたいと願う人で

どこも順番待ち それぞれの歌うたいながら

夜を越えてく


愛しているよと言えなくて

また歌を唄う あなたとともに唄えたなら

とてもうれしい

愛されたいと願う人で

ここも順番待ち 今夜は月がキレイだから 手を伸ばすよ 手を伸ばすよ






2012年5月にリリースされた 斉藤和義40枚目のシングル。 俺のベーシックに脈々と息づいてる

ロックンロール精神


ほんの少し大人びたけど

未成年が喜びそうなフレーズに

今もなを心を踊らせる俺がいる


ロックンローラーは

生き方においてとても不器用だが そこが魅力なんだよね



キースリチャーズ然り

ジョーストラマー然り

寒空に浮かぶ月が今夜もキレイだから 俺は手を伸ばす

まだまだ掴みたいものが沢山ある


ロックンローラーは欲張りで

諦めが悪いのさ(^。^)



Copyright © 2020 Studio Manomana All Right Reserrved.