蜜月関係VP「枠」紹介〜その2〜

蜜月関係Viewing Party

「枠」の説明シリーズ第二弾!です!

映画を見て、映画についてのトークセッションに参加できて

その後の打ち上げにも参加できる「枠」となります。


~映画<早乙女家の一週間>+トークライブ+蜜月Barチケットのセット枠~

★東京 11/20(土) 開場15:50 開演16:10~21:00

★大阪 12/04(土) 開場15:50 開演16:10~21:00

★料金 4,500円(1ドリンク付き)



<映画/早乙女家の一週間>

映像の仕事を本格的にやり始めたのは割と遅くて40歳の頃なんです。

それまで趣味程度に映画を数本作っていたのですが

「早乙女家の一週間」は仕事で得たスキルを最大限に活かして制作、 「二度と映画なんて作らない」って思ったほど本気モードで作りました(笑)

東京国際フォーラムで上映会をしました。


当時社会問題となっていた

リストラ、熟年離婚、両親を軽蔑する子供、等による家庭崩壊、

すぐに切れる青年たち、ヤクザ抗争、を全て盛り込み

様々な視点から「家族の絆・大切さ・尊さ」を描いています。


東京での上映会で感動してくださった福島在住のお客さまが

「福島でもこの作品を上映したい!」と計画してくださり映画館上映が実現。

この福島での上映はジャンガポッポ のアコースティックライブ付きで

活動休止中だったジャンガポッポが再始動するきっかけとなりました。

その時まだ正式メンバーではなかったコレちゃん(是永巧一)が

「こんな映画を作るやつはすごいやつに決まってる!」と言って

この映画でジャンガポッポをやることを決めた、

という話を聞いて嬉しく思いました。

元オフコースの松尾さんと仁さんがチョイ役で出演してるという

なかなかゴージャスな映画は(笑)

今見ると未熟な点もたくさんあるのですが

僕にとっては今もなを大切な大切な作品です。 15年上映を封印してました。 次、いつ見れるかわかりませんよ(笑)

実はこの2日間で一番見て欲しいプログラムです。

上映時間は約120分。


<早乙女家の一週間のトークライブ>

映画を見終わった後に「早乙女家の一週間」をどんな思いで作ったのか、

作ろうと思ったきっかけはなんだったのか、

それぞれのシーンに込めた想い、

そして、映像を作る上に置いて一番大切なことは何か!

等をお話いたします。

皆さんの質問や感想等で交流もできるトークセッション形式です。

「これから映像制作を始めたい!」という方にお勧めの枠です。

時間は約60分。


<BARタイム(打ち上げ)>

東京、大阪共にBARがオープンしているので

トークライブ後、その流れで打ち上げにご参加できます。

東京は「蜜月食堂」もオープンしています。

映画上映時は「ポップコーン」も販売しています。

僕はポップコーンとコーラで映画を楽しもうと思います。

極力、皆さんとお話しできるように巡回します!

また、飲み物や食べ物を注文するとビンゴが楽しめるシステムとなっています。