笑顔、笑顔、笑顔、時々涙。


これから2019年4月25日に開催された

RYOJI還暦記念ライブへの想いやらなんやらを綴ります。

感情のままだと永遠に書いてしまいそうなのでなるべく簡潔に。

いや、簡潔は無理だな。

さて、何から綴ればいいのか…

昨年の11月16日

ジュニアの50th記念ライブに参加した時のこと。

下北沢ガーデンの会場にジュニアへの愛が満ち溢れてて

「今この時この場所に愛しかねーな」って思ってね。

すげー素敵なイベントだ、っていう感動に包まれながら

ある感情が芽生えたんだよね。

来年、アニキ(りょーちゃんのこと)と蓑さん、還暦だな。

こーゆーアニバーサリー的なの二人のためにやってあげたいなぁ、

って。

アニキは自分が主役のイベントすごく嫌がるんだよね、

過去、「誕生日ライブやろうよ!」って言っても絶対ヤダ、とか言ってたし。

俺も割とそーゆのやりたくない系だから気持ちわかるので

今までそんなに強くプッシュしなかったんだよね。

でもファンのみんなも含めてアニキをみんなで祝福する絵がどんどん鮮明になって

「嫌がるかなぁ」とかって躊躇してる感情が完全に消えちゃって「やる!」ってなった。

で、ジュニアの50th記念ライブの日にこそっと会場押さえちゃって事後報告(笑)

それでもアニキは「やらない!」って言ったんだけど

その頑なな想いを急速解凍する人が現れた!

その名もぉ!

BONさん(米米CLUBリーダー)←4分音符のディレイ付きで読んでww

去年の12月2日に俺とアニキのユニット「坂上良平1号店」

の改良版「坂上良平三軒茶屋店」ってのを

BONさん、得ちゃん、マタロウさん、フッシーさん、匠平さんとやったんだけど

その打ち上げでBONさんが

「RYOちゃんの還暦ライブやろう!俺がプロデュースするから!」

つってイメージを語り出し

「RYOちゃんはやりたいことだけ言えば良い!あとは俺たちが形にする!」

と言う口説き文句でアニキ、スコーンと落ち、

アニキも「じゃぁマナ板の鯉になるから好きに遊んでください」と言い、

その言葉もBONさんの遊び心に火を着けたんだと思う。

BONさん究極の遊び上手だもんなww

画して「良治還暦記念ライブ実行委員会」が立ち上がる。

総合プロデュース BONさん

音楽監督 得ちゃん

企画、運営、グラフィック制作 俺

でね、このプロジェクト、