へやうたTOKYO終演

2021年6月4日〜6日 緊急事態宣言により延期

2021年8月6日〜8日 緊急事態宣言により延期


そして迎えた2022年1月28日〜30日

東京は、まん延防止等重点措置を適用、 オミクロン株は絶好調、感染力は強力、

感染者数が最多を更新。 なんでまた〜〜〜〜〜!!!! なんでまた〜〜〜〜〜!!!! を2,000回ほど叫んだ後、 冷静さを取り戻し、 海外の状況、日本の状況、政府が下した条件等を踏まえ 本当に色々悩んで考え抜いて、

なんでまた〜〜〜〜〜!!!! と言う皆さんの声が聞こえてきそうな状況下

へやうたTOKYOを開催することにしました。


この厳しい状況の中、お越しいただける皆さんの 心の芯を食うような公演を目指そうと 3日間全てに違うテーマを設け

そのテーマに沿った演出を考え、 全公演違う歌を歌いました。

50曲歌うつもりだったけど ちょびっと足りない44曲でした。

今回はいつもに増して「感動の作り方」「共感の作り方」にこだわりました。

公演全体を作る上において「実験」してみたいことがあったんだけど

結果はとても満足いくもので、

これからのライブ制作における分岐となりそうな3日間でした。


いつものように拙いギターに歌だったけど

初日から自分の持てるありったけの情熱を真っ直ぐに注ぎ

1日目の終演時にはすでにヘロヘロだったけど 3日目も声はガツンと出てたし、 今回、初めてライブで弾いたSEのアコギも良い音奏でてたし

全ての公演を終えた時はカスッカスでした。 多分煙出てたはず。

全公演を終え

アコースティックギターを背負い、 右手には荷物パンパンのリュック、

左手には撮影用のカメラスタンドを持ち、

2本の電車を乗り継ぎ、 今にも倒れそうになりながら地元の駅に着いた時、

僕の歌や演出で、 お客さまの心が動いた瞬間などを思い浮かべて

なんだかとても清々しい気持ちになりました。

家に着いて、 あぁ、もう練習しなくていいんだ と言う安堵感を胸に浸かったお風呂は めちゃくちゃ気持ちよかったし ベッドに潜り込んだら秒で落ちました。

コロナに感染してしまったり、 濃厚接触者となり 泣く泣く見れなかった皆さまには

別の機会を設けようと考えていますので、 ちょっとだけ待っててくださいね。

そして

このような状況の中、 ご来場くださった皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

僕をスカッスカにしてくれて本当にありがとうございました。

心の底から愛しています。




2022年1月28日

女子に届けたい歌の日

テーマ「恋」


00 SE <Canon in D>

01 MAKE YOU FEEL MY LOVE

02 杖※

03 HYMN for Nobody

04 I Wannna Hold Your Hand

05 愛の讃歌

06 糸

07 Wonderful Tonight

08 X100※
 09 I Love You OK
 10 僕が君を誘う理由※ 
11 キミノウタ※

12 I WANT YOU TO WANT ME

13 YELLOW DAISY※
 14 毎日KISSをしよう※

 アンコール

15 Can't help falling in love

16 SE <Can't help falling in love>


2022年1月29日

男女に届けたい歌の日

テーマ「ストーリー」

 00 SE<The Final Bell>
 01 Everyday is a NewDay※

02 What A Wonderful World

03 Song Bird
 04 VANILLA SKY※

05 悪い噂※

06 True Color

07 コロナの馬鹿野郎※
 08 夜霧よ今夜もありがとう

09 君といつまでも(with のっち)
 10 追越車線の女※

11 STAY HOME※

12 SING※

13 焼肉食べ行こう※


アンコール

14 LET IT BE

15 Sweet on you※
 16 SE<Tara's Theme>


2022年1月30日

男子に届けたい歌の日

テーマ「哀愁」


00 SE<傷だらけの天使>
 01 キミの街に行って※

02 抜くべきだ※

03 横浜ホンキートンクブルース

04 OL'55

05 おっさんの歌※

06 春夏秋冬

07 有楽町で逢いましょう※

08 Don't Let Me Down

09 POISEN~言いたい事も言えないこんな世の中は~

10 青春謳歌※

11 バニーガール※

12 男歌※

13 問題ないさ※


アンコール

14 ららら※

15 SE<刑事コロンボ>


※印=オリジナル



閲覧数:196回
特集記事
最新記事