人生はいってこい


緊急事態宣言が

全国的に解除になった。


58年間生きてきて初めての経験なのだから

まさに未曾有の出来事と言えるのだろう。




色々あったなぁ。


良い出来事も

悪い出来事も

楽しい出来事も

悲しい出来事も




ただ

未曾有であろうとなかろうと

人生とはそうゆうもの。



悲しみを乗り越えた



なんて言うけど

そんな風に見えてるだけで なんとか折り合いをつけてるだけで

本当は憂いや悲しみを背負って生きている。

同じ過ちを起こさないように。



人生とはそうゆうもの。



何が正しくて

何が正しくないってのも十人十色。

正義感による絶対なんてない。



だから



この厄介な正義というものを語るのはとても難しい。

ましてSNSとかいう

顔の表情や言葉のニュアンスの伝わらないところで

正義感を綴ることにどんな意味があるのか僕にはわからないし

自分の感情なんて全く当てにならないし

理念も全く不安定だ。

偉そうに何かを綴れるような

確固たる自分というものが僕にはない。



この期間

人々の視界がどんどん奪われていくその様を

俯瞰で捉えながら

何か本質なことを発信することに

恐怖心が芽生えた。







一つだけ

ブログに自分の想いを綴ろうと思った。

正しい、正しくないじゃないよ。

切なる想い、です。

それはね