存在

1989年


昭和64年と平成1年が同居したこの年

E NIGHTというバンドでYAMAHAの音楽コンテストに参加。

日本武道館で開催された世界大会まで駒を進め

僕の人生は大きく変わった。


この年の初めに、あることがきっかけで

音楽への考え方が大きく変わり

歌い方や創る作品の傾向も一変した。


それまではPOPでおちゃらけた可愛い系の作品が多かったのに

正反対とも言える文学系や哲学系、アート系の作品を書き始めた。


おい、どーしたどーした

なんか変なもん食ったのか??

って突っ込まれそうなくらいの振り幅だ。


アンディーウォーホールのヒロイン

イーディーセジウィックをイメージして書いた

「80年代のイーディーセジウィック」は

武道館に立つ大きな要因となった。

サビの最後に ♪狂気の口づけを と歌っている。

おい、坊主、それってどんな口づけだ、

と、この当時28歳の俺に聞いてみたい。


♪昨日までの後悔に形成された今日の僕

という歌詞で始まる「僕を愛せない」は

ネクラじゃないと絶対に書けない自己完全否定な作品。

アウトロに ♪君の白いリボンが揺れている

って唐突に歌い出すんだけど

この不気味さがとても好きだった。

今も好き。


どちらも1989年に書き下ろした作品。

そして「へやうた」で30年ぶりに歌った「存在」もこの年に書いた。

当時のノートに「平成1年10月19日」と記載してある。

メジャーにてレコーディングしたんだけど発売までは至らなかった。

サウンドプロデューサーはオフコースのギタリスト「松尾一彦」さん。

今でもおつきあいさせていただいてる愛すべき師匠だ。


当時、レコーディングにて

「存在の歌詞はすごく良い。特に最初のくだりが」

と松尾さんから言っていただき、それはとっても、とっても、嬉しかった。

とっても2つじゃ言い表せないほど嬉しかった。


デビューする前にムーンライダースのギタリスト

白井良明さんとレコーディングしたことがあって
バンドについて質問した。


一平 このバンドで一番良いな、って思う要素はなんですか?

白井 歌詞

一平 じゃぁこのバンドで一番修正しなきゃいけない要素はなんですか?

白井 歌詞


君の歌詞はすごく面白い。

ただ一般の人には理解されにくい。

だから売れるために一番問題なのが歌詞。


喜ぶべきか悲しむべきか

よくわからない複雑な感情になったけど

松尾さんの言葉も

良明さんの言葉も