Wonderful Tonight

今夜は「へやうた」お休みです。

毎日アップするのが習慣になってたので

できるっちゃできるんだけど

勇気を持ってお休みした。


ユーチューバーにならないと決めたのにな。

すっかり立派なユーチューバーだw


根詰めて視界が狭くなるのも嫌だしさ

適度に休みを入れながら

ちょっと心に隙間を作ることが

大切だと思うんだよね^ ^

他にも「へやうた」で

大切にしていることがあってさ。


それは上手に歌えたとか

上手に弾けたとか

上手に踊れたとか(笑)

カッコよく撮れたとか

可愛く撮れたとか

そーゆーことではなくて。

大切にしてるのは

自分のカタチになったものを世に出したい

ってこと。

どんなにメロディーを外さずに綺麗に歌えても

その作品が自分の中にある程度収まってないと心地よくない。


やっぱ感動を作りたいんだよね。


上辺をなぞっただけの作品に

感動はないから。

器用な人が陥る罠

器用だから

ちゃっちゃとやっちゃう。

経験豊かな人が陥る罠


経験値でサラッとできちゃう。

でもやっぱ

そーゆーの感動しない。

少なくてもは感動しない。

俺はとっても不器用。

だから自分のカタチになるまで練習する。 英語の歌を弾きながら歌うとかマジ大変w アメリカ英語とイギリス英語って

母音が全然違うでしょ? そうゆうとこまで意識してやりたいって思う。


まず「この曲歌いたい!」って思った瞬間から

その曲を練習し始めるんだけど

過去作品で一番苦労したのが

作品番号72の「YELLOW」

収録できるまで1ヶ月くらいかかった。 作品番号12の「Imagine」を撮るのに35テイクかかってね。

そん時に、撮影日よりも前から練習しないと

ちゃんと自分のモノにならないな

って思ったんだよね。


ある程度納得できる

自分のカタチまで到達させるって