僕から僕へ僕から君へ

自分の為に生きる喜びより

誰かのために生きる喜びに

ちょっとだけ目覚めた時に

書いた曲です。





僕から僕へ僕から君へ

iPPEi ONOE

作詞・作曲 尾上一平



積み重ねてきた愛の重さに

気付かないままに恋に走るのかい?

何十回と失敗した恋の出来事に

何百回と失敗しなきゃ気付かない?


幸せって奴おまえにわかるかい?

恋のその先に愛はあるのかい?

女の年齢の重さを知ってるかい?

女の身体の尊さ知ってるかい?


笑えないんだよ あまりに愚かで


死ぬ間際まで

健康を祈り

ひたすら誠実に

寄り添いあって

彼女のキモチを

自分のことのように

大切に思って

生きてゆけること

それは恋なんかじゃないよ

それこそが愛というもの


独りの怖さに逃げたりしてないかい?

流されるまま誰か傷つけてないかい?

大切な人が誰かかわかってるのかい?

見た目の美しさ追いかけてないかい?   


そろそろ気付けよ 自分に歌えよ


死ぬ間際まで

健康を祈り

ひたすら誠実に

寄り添いあって

彼女のキモチを

自分のことのように

大切に思って

生きてゆけること

それは恋なんかじゃないよ

それこそが愛というもの


そろそろ目覚めて 彼女に歌えよ


死ぬ間際まで

健康を祈り

ひたすら誠実に

寄り添いあって

彼女のキモチを

自分のことのように

大切に思って

生きてゆけること

僕はここに約束する

とこしえに変わらぬ愛を


君のために僕らしさを捨てるのさ

それこそが本当の僕らしさなんだよ