top of page

奇跡

2017年9月に大腸癌だと宣告されました。

ステージ3A。

当たり前の日常が僕の目の前から消えました。 人工肛門つけてね。

約一年間生活しました。 抗癌剤がしっかり効いてくれて

運よく僕の身体から癌が消えて

人工肛門も取れて

当たり前の日常を取り戻しました。


でも

病気前の日常と

病気後の日常の意味は大きく変わったんです。 日常がアップデートされたんですね。 海外旅行に行ったり

ディズニーランドに行ったり

高級レストランで美味しいものを食べに行ったり

可愛い女子とご飯食べに行ったり

僕らが特別と思っていることと

さほど変化のないありきたりの日常の意味が同じになりました。


朝目覚めて1日が始まることは奇跡であり

特別なんじゃないかって。

毎日同じ時間に出かけられることも

満員電車に乗ることも奇跡であり

特別じゃないかって。

毎日おはようございますって挨拶できることも

奇跡であり特別なんじゃないかって。


人工肛門つけると

お尻からうんちできないんだよ。

1年間お尻からうんちできなかったの。

だから人工肛門戻して

お尻からうんちできた時は感動した。

今でも時々感動する。

泣きそうになることもあるよ。

生まれてからずっと当たり前だったことなのに。

想像できる?

お尻からうんちして感動して泣くって。


みんなもコロナ感染で感じたでしょ? 当たり前は当たり前じゃないって感じたでしょ?


でしょ?

全ては奇跡で

全ては特別。


ジュニアも歌ってる。

毎日がスペシャル。

朝目覚める時も

毎日君と交わすおはようも

毎日君と交わすおやすみも

何千回と交わした口づけも こんにちわも

こんばんわも

お疲れさまも

お世話になってますも

気をつけてねも

ありがとうも

ごめんねも どんな場面でも

それは奇跡であり

特別なことなんじゃないかと。

でしょ? きっとそれってね 感謝の気持ちの上にあると思うんだ。

感謝の気持ちがないと

気付かないことがたくさんある。

ありがとうになかなか辿りつかない。 ジュニ、

サンドイッチと言う歌を作ってくれてありがとう。

リオ、

ガールズバーに連れっててくれてありがとう。

みのさん、

一平殿の音楽はすごい、って言ってくれてありがとう。

RYOJI兄貴、

今回はたくさん言い争いしたね。

でも最後、一平の好きにして良い って言ってくれてありがとう。


STAFFのみんな、 僕らのわがままに寄り添ってくれて

支えてくれてありがとう。 そして


そして


会場に足を運んでくれた皆さん。

僕らの音の洪水にダイブしてくれた皆さん。

僕らと感情を共有してくれた皆さん。 僕らの音楽に触れに来てくれてありがとう。


広 島 神 戸 京 都

名古屋 東 京


奇跡の夜を

特別な夜を

僕らにプレゼントしてくれて

本当に

本当に

本当に

ありがとうございました。



またね。


執筆 尾上一平



閲覧数:231回

1 Comment


Musima  Oki
Musima Oki
Oct 24, 2023

素敵なブログをありがとうございます!

朝目覚めて1日が始まることは奇跡であり特別なんじゃない

ってこと つい忘れてしまう。

病気じゃないけど 阪神大震災の時にそう思ったのに…

でも一平さんが気づかせてくれる。

いつもありがとうございます!

今日も一平さんを応援出来ることに感謝🙌💕

Like
特集記事
最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page